コッシーとスイ『いすのまちの歌スペシャル』

Pocket

本日は『いすのまちの歌スペシャル』でした

ふーふーふしぎ(歌 フーフー)

カブのえかきうた(歌 カブ)

ダンダダダーン(歌 ダン先輩)

みんなおんなじ(歌 森山直太朗)

 

子どもと大人の時間の長さ

最近、ずっとエンディングは「カゲのオバケ」だったので
息子たちが「あ!なつかしいうた!」と喜んでました
スオは「みんなおんなじ」は割と定期的に聞いてる気がするのですが・・・
子どもと大人の時間の長さの感じ方の違いを思い知らされました

何故歳をとると1年が短く感じるのか?
例えば1歳の赤ん坊だと1年はほぼ人生の全てです
5歳だと1/5
これが30歳だと1年は1/30
さらに60歳だと1/60に!(; ̄□ ̄)
という単純計算だと聞いたことがあります

たしかにスオも既に1年ごとのできごとは覚えていません
未成年のころはざっと学歴ごと(幼稚園・小学校・中学校・・・)
就職してからは会社ごと(何回転職してんだw)

そして今になって息子たちと一緒にまた1年ごとを噛みしめてる感じですが、
これがまた息子たちが成長すると、
生まれたころ→幼稚園→小学校・・・と
同じようにループして思い出がまとめられていくのでしょうか?

それとももっと歳をとっているので、
赤ん坊→学生→社会人・・・と
もっとざっくりに感じるのでしょうか?w

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください