コッシーとスイ『こんこちゃん』

Pocket

たくさんの雪が積もり、雪だるまを作っているコッシーとサボさん、
コッシーが初めて自分で作った雪だるまです

サボさん、雪だるまず~っととっておいてね
春になったら雪だるまとお花見するんだ!

あ~それはちょっと無理サボ、
コッシー、雪だるまは何で出来てる?
雪!
そうだな、ってことは温かくなると・・・
あ~溶けて無くなっちゃうのかな

そういうこと、だから雪だるまは溶ける前にいっぱい遊ばないとな
そっかぁ・・・雪だるまは消えちゃうのかぁ・・・

夜になって、寝る準備をしているコッシー
すると、どこからかコッシーを呼ぶ声がします
今日はスイちゃんはいないはずですが・・・?

うわぁ!
こんばんは、私はこんこ

コッシーが振り向くとなんと部屋の入口に白い服を着た女の子がいました!

こんこちゃん?
どうしたの?こんな時間に・・・
コッシーと遊びたくて来たの、中に入ってもいい?

え~、知らない子だし、どうしよう?
でも外は寒いしかわいそうだし・・・
ん~、じゃあいいよ!
やった~!ありがとう!

コッシーは、こんこちゃんを暖かいストーブの前へ案内しますが、
こんこちゃんはとても暑そう

何これ?あっつい!
こんこ暑いの苦手なんだ~

あ~ホントだ、すごい汗!

でもごめん!ちょっと開けてくる!
ええ?
あ~北風が気持ちいい~、生き返る~!
こんこちゃんは寒いのが好きなんだねぇ

こんこちゃんは、友達のコッシーのためにアイスを持ってきてくれました
冬にアイスはちょっと寒いけど、とりあえず仲良くアイスを食べるふたり

つ・・・冷た~い!けど美味しいね!
ホント?じゃあコッシーに座って食べてもいい?
え?座ってくれるの?もちろん!やった~!

コッシーに座ってアイスを食べるこんこちゃんはとっても冷たくて、コッシーは凍えそうです

うううう・・・ごめん、ボク氷になっちゃいそう・・・

寒がるコッシーのためにこんこちゃんはポカポカして元気になる歌をうたってあげることにしました

ゆきやこんこ あられやこんこ
ふっては ふっては ずんずんつもる

ええ?ブルブル寒い~!
こんこちゃん、もしかして・・・

そしてふたりはたくさん遊んで、遂に朝がきました
こんこちゃんは帰ってしまうそうです

え~そっかぁ、残念だなぁ、じゃあまた遊ぼうね!
春になったら一緒にお花見しよう!

えっごめん、こんこ温かくなったら遠いところに行っちゃうんだ

しばらく会えなくなるこんこちゃんに、
コッシーはマフラーをプレゼントしました

寒くなったらまた会えるから一緒に遊ぼうね!
うん!絶対また遊ぼう! 

翌朝、こんこちゃんと朝まで遊んで寝坊したコッシーが雪だるまと遊ぼうと広場へ行くと、晴れて温かくなったために雪だるまは溶けてしまっていました

雪だるまがあった場所をよく見ると・・・

あれ?これ、ボクがこんこちゃんにあげた・・・
あれ?何でこんなところにマフラーが・・・

ええ?ってことはもしかしてこんこちゃんって雪だるま?!

サボさん、春になったら温かくなるけど、その後また寒くなる?
冬は来るの?雪は降るの?
ああ、そうねぇ、夏が来て、秋になって、そしてまた寒い冬がやってくるぞ

そっかぁ、じゃあこんこちゃんにもまた会えるね?!
えっ?何そのこんこちゃんって?
アハハハッ!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください