コッシーとスイ『ご先祖さま』

Pocket

夜、トイレに行きたいけど怖くてひとりで行けないコッシー、このままでは漏らしてしまいそうです

なっとら~ん!
うわぁ~っ!オバケ~!

そこへ煙のように現れたのは「コシだカケのしん」と名乗る、コッシーのおじいちゃんの、おじいちゃんの、そのまたおじいちゃん、つまりコッシーのご先祖様です

ご先祖様はコッシーがひとりでトイレに行けないので心配になって出てきたのです

これからはワシの教えを聞いて、一人前の立派なイスになるんじゃぞ、よいな?
ええっ・・・う・・・うん・・・

なっとら~ん!返事は「うん」じゃなくて「はい」じゃ!
は、はい~!
それじゃ!それ!

 

う~ん・・・ムニャムニャムニャ・・・

なっとら~ん!

ひゃ~!ご先祖様!

朝、寝ているコッシーをご先祖様が叩き起こしました

いつまで寝ておる!早く起きんか!
早起きせんと立派なイスになれんぞ!モグモグモグモグ・・・

あ~あ~あ~!それボクのオヤツ!
オホホッ、こんな美味い煎餅は初めてじゃ

コッシーのオヤツのポテトチップスを食べるご先祖様、ご先祖様の時代には無かったオヤツに興味津々です

 

◆◆◆

ご飯を食べるコッシー、スイちゃん、サボさん
コッシーは二人より早く食べ終わってしまいました

ごちそうさま~!
あら?コッシー早いね

ところがお皿にはネギが残っていて・・・

なっとら~ん!

何故ネギを残す?
だって、好きじゃないから・・・

なっとら~ん!
好き嫌いしていては立派なイスになれんぞ!それでもいいのか!

わかった、ちゃんと食べるッス

すごすごと食卓に戻って残したネギを食べるコッシー

 

◆◆◆

スイちゃんも出かけてしまい、やることが無くてダラダラしているコッシー

なっとら~ん!

イスならゴロゴロしとらんでシャキっとせんか!

ご先祖様に言われて足腰を鍛えることになったコッシー、
重たい本をたくさん乗せてがんばります

う~う~重いよ~、重い~、もう疲れたッス!
何を言っとる!これぐらいで何じゃ!
ワシなどお相撲さんを座らせたこともあるのじゃぞ!

とうとう転んでしまうコッシー

無理ッスよ、こんなの~
無理ではない!ワシがコッシーぐらいのころには簡単にできておったぞ!

夜ひとりでもトイレに行けたし、怖いものなどひとつも無かったんじゃ!
コッシーだって頑張ればそうなれるはずじゃ
ん~それはご先祖様がすごいだけでしょ、
ボクはご先祖様とは違うから・・・

すると突然大きな雷の音が鳴りました
慌てふためくふたり

うわ~!雷!怖いよ、怖いよ、助けて~!

えっ・・・?

怖いものなどひとつも無いと言ってたご先祖様が、コッシーと一緒に雷を怖がっています

アハッ!ご先祖様も雷怖いんじゃないッスか~!
あっ、いや、あの、これは、ちょっと、その、あの・・・
いや、雷だけは苦手なんじゃ!
他は何にも怖いものなど無い!

え~ホントかな?ガオーッ!

コッシーが怪獣の鳴きまねをすると、ご先祖様は怪獣も怖がって叫びました。
でも、自分と違ってすごいと思ってたご先祖様が、やっぱり自分と同じで怖いものもあると知って、なんだか身近に感じられるようになりました

やっぱりボクのご先祖様ッス!

 

◆◆◆

いよいよ夜、コッシーはひとりでトイレに行けるのでしょうか?

あ~やっぱり怖いッス!
勇気を出すのじゃ、立派なイスになるためじゃぞ
わかった!絶対そこにいてね

ご先祖様が近くで見守ってくれると信じて、コッシーは勇気を出してひとりでトイレに向かいます

ねえ、いる?ちゃんといる?
ああ、ここにいるよ!

そう答えてご先祖様はそっと消えてしまいました

トイレを無事に終えて戻ってきたコッシー、
でもそこにはご先祖様の姿がありません。
コッシーはちゃんとひとりでトイレに行くことができたのです

あれ?ご先祖様どこ?どこ~?どこ行ったの~?

コッシーが騒ぐので、スイちゃんとサボさんが起きてきてしまいました

コッシー、うるさくて眠れないよ
そうよ、誰としゃべってんのよ

ん・・・ううん、何でもない!何でもないッス!

姿は見えないけれども、これからもご先祖様はそっとコッシーを見守り続けます

コッシー、これからも立派なイスを目指して頑張るのじゃぞ!
ワシはいつでも見守っておるぞ!

 


18金おりんの気品あふれる音色でご先祖様へのご挨拶と感謝を
7,598,000円
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください