コッシーとスイ『ピョンコちゃん』

Pocket

散歩中のコッシーとサボさん、池から出てしまった苦しそうなオタマジャクシを見つけました

池に戻してあげようよ!
そうしよう、そうしよう、ちょっと待って、ちょっと待ってね
はいはいはいはい、ヌルヌルするね、はいよあいよ

池に戻ったオタマジャクシは元気に泳いでいきました

よかった、オタマジャクシさん、元気でね!
池から出るのはカエルになるまで待つサボよ~

 

ある日、コッシーが家で遊んでいると、ドアをノックする音がしました、
サボさんがドアを開けてみると、そこには誰も・・・
と、思ったら、緑色の服の女の子がしゃがんでいました

下に!?ビックリした!
あのすいません、どちらさまですか?

わたしよ、わたし、わすれたの?
えっ!?
誰だっけ?サボさん、知り合い?
いやいや、知らないよこんな子、オレ、サボさん・・・

もう~、オタマジャクシのピョンコ!
このまえ、たすけてくれたでしょ

なんと緑の女の子は、前にコッシー達が助けたオタマジャクシでした!

ホントにあの時のオタマジャクシさん?
そうだケロ、ふたりのおかげでカエルになれたから、カエルのくにから、おんがえしにきたケロ!

いやちょっと!鶴の恩返しなら聞いたことあるけど、カエルの恩返しなんか聞いたことないよ~!

はい、まずはこれ!おみやげもってきたケロ!

ピョンコちゃんが出してきたのはポテトチップ・・・ですが、

わぁ、ポテトチップ!ありがとう!
カエルの国にもポテトチップあるんだ、嬉しい!
よし、それじゃ早速いただきま~す!

と、サボさんが袋を開けてお皿に出してみると、なんと中から出てきたのは緑色のポテトチップ!

えっ!?わっ!ちょちょちょちょちょ
なんか、しっとり感がすご~い・・・

あ~あ~あ~何?緑色してるッス!
サボさん、先に食べて

コッシー、無理だよサボさん、コッシー食べてよ先に

あまりに不気味なポテトチップに、小声で押し付け合うコッシーとサボさん

えっなんでたべないケロ?
カエルのたべものは、たべられないケロかぁ?

ピョンコちゃんに言われて、断り切れないふたりは仕方なくポテトチップを食べることに

ん!なんか不思議味~!
あの、美味すぎて喉通んないッス
不思議味ッス・・・

それはよかった!じゃあつぎは、おそうじしてあげるケロ
お掃除!?あ~それは助かるわ

一生懸命部屋を掃除するピョンコちゃん

おわったケロよ~!

掃除が終わってサボさんが部屋を見に来ると、なんと部屋が水浸し!

ちょっと何これ!?ちょっと!
床が水浸しッス・・・

そうよ!おいけみたいで、すてきでしょ?
「すてきでしょ?」じゃないよ!これじゃもう部屋に長靴がいるサボよ!

マイペースなピョンコちゃん、最後の恩返しへと続きます

じゃ、さいごはみんなでうたをうたうケロ

ケロ ケロ ケロ ヘイ!
ケロ ケロ ケロ ヘイ!

だれかにたすけてもらったら おれいにおかえしとどケロよ
おれいにおかえしとどケロよ

ケロ ケロ ケロ ヘイ!
ケロ ケロ ケロ ヘイ!

だれかがこまっているときは しんせつとどケロ たすケロよ~!
イエ~イ!

あ~楽しい歌!
ああ、ケロケロのノリノリだぜぇ!

じゃあ、わたしカエルだけに、もうかえるね!バイバ~イ!

最後までマイペースでピョンコちゃんは帰っていきました

なんかよくわかんないけど、面白い子だったな
また遊びに来てほしいッス!


【内閣総理大臣賞受賞】純金 福かえる
588,230円
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください