ガラピコぷ~最終回

Pocket

2022年3月23日

ねぇ、そういえばさ、ガラピコの背中のボタンって・・・押したら、どうなるんだろうねっ
ピッ、このことはずいぶん前にも話しましたが「すごいこと」が起きますね

ガラピコの押してはいけないボタンを押そうとするワルピットから、ガラピコのボタンを守るチョロミーとムームー

ウウウ・・・まだ諦めんゾ~!
あのボタンは、オレ様が必ず押してやる~!

ガラピコのボタンの謎の伏線回収に向けてのプロローグですね

 

2022年3月24日

ボク、もうすぐ弟が出来るみたいなんだ
ボク、お兄ちゃんになるんだよ、チコタ

ムームーの弟とか可愛いに決まってる!超見たい!

だからね、チコタ、君はこれからは弟と一緒にいて欲しいんだ
今までずっと一緒だったよね
どんなときも君がいてくれたから、ボクは安心だった

でも、ボクはもう大丈夫!
チョロミーもいるし、ガラピコもいる

チコタがいなくても1人で頑張れると思う
だから今度は、ボクの弟のことを、安心させてあげて欲しいんだ

チコタ・・・ボクだって寂しいよ・・・
でも、ボクお兄ちゃんにならなくちゃいけないんだ、わかってくれるかい?

チコタを弟に譲るためにお別れをするムームー
そこへチコタを奪いにやって来たワルピット

勇気を出してワルピットに挑むムームー
コチョコチョされても我慢して戦い、ついにチコタを自力で取り返します

チコタ、ありがとうね今まで

チコタとの思い出を唄って語るムームー
弟にプレゼントするために、キレイな箱にチコタを入れました

さよなら、チコタ

泣くよこれは・・・

 

2022年3月25日

やめるから!ガラピコと、もうお友だち、やめる!

なんと!そうですか、では私は早く宇宙船を直して生まれた星に帰るとしましょう
もう会うことも無いですね、さよなら、ピピッ

なにやらケンカをしているチョロミーとガラピコ

もう会わないと言われてショックを受けたチョロミーは、ガラピコがこの星にやって来たときのことや、流れ星にずっと一緒にいたいと願ったことを思い出します

ゴメンネ言わなくちゃ・・・

と、振り返るとそこにはガラピコが

ガラピコ・・・ごめんねぇ~!
ガラピコもごめんね~!

友だちやめるのやめる~!
私もです~!

前回はムームーオンリー回、本日はチョロミーとガラピコのみの回
これからもきっとケンカする2人ですが、放送される最後のケンカですね

 

2022年3月26日

宇宙のみんな、シャッララ~ン!
ひびき星からお届けするのは、ボク、タッチパッチと

アシスタントのチョロミーだっチ!ヨロシク!

タチパッチショー最後の放送、会場にはたくさんの観客

タッチパッチとチョロミーのスーパーライブ、最後はムームー・ガラピコも

♪ プレゼントはなあに?(リンゴ)
♪ ダンシング数え歌
♪ がったいがったいゴー!(ハサミおばあちゃん?w)
♪ うちゅうのイェイ
♪ ときめきダンサー

みんな、今までありがとう~!
と、いうわけで今度からは新しいお料理番組「タッチパッチ・キッチン」が始まるよ!ヨロシク!

ありがとうみんな!また会おう~!

がったいがったいゴー!のチョロミーのボケが好きでした

 

2022年3月28日

春祭りの招待状をプッチマーゴさんから預かるチョロミー
ムームーとガラピコに招待状を渡すが、ムームーはお兄ちゃんになるために水泳を習い始めて帰ってしまう

そこへ再びワルピットが、ガラピコの背中のボタンを狙って現れたが、チョロミーが気づいてボタンを守ります

そしてガラピコは星に帰る手がかりが見つかったことをチョロミーに伝えます

ムームーはお兄ちゃんになってるし、ガラピコはもうすぐ星に帰るかもしれないって・・・
なんだかチョロミーだけ置いてきぼりみたい・・・

チョロミーも本物のお姉ちゃんになる、と改めて決意し、春祭りの招待状を手作りすることにしました
ですが、いつものように失敗ばかりで、なかなか上手くいかないチョロミー

そこへまたしてもワルピットが背中のボタンを狙って飛んできました
チョロミーが見事撃退しますが、振り返った瞬間うっかりガラピコの背中のボタンを押してしまい・・・

 

2022年3月29日

ボタンが押されて不可解な動きをしたあと、動かなくなったガラピコ
ところが、ガラピコから音声が流れ始め、その声はチョロミーを呼ぶのでした

ヤッホー!聴こえる?チョロミー!

なんと声の主は、未来のチョロミー
未来のチョロミーはしずく星の科学者に、そして未来のチョロミーが発明したのがガラピコだと言うのです

未来のチョロミーは、子どもの自分に最高の友だちをプレゼントするために、敢えてデータをリセットしたガラピコをタイムマシンで現在のチョロミーの元へと贈ったのでした

今これを聴いてるってことは、背中のボタンを押したってことだよね~?
子どものころのワタシなら、そのうち絶対押すと思ってこのボタン付けたんだ~w

チョロミー、いろいろ上手くいかないこと、いっぱいあると思うんだ
アタシ、知ってるからさ

でも、あなたは大丈夫だから!じゃあね、ワクワク~キュ・・・!

途切れる音声、そして再起動するガラピコですが、何も覚えていませんでした
チョロミーはガラピコは自分が作ったとガラピコに言いますが・・・

ピッご冗談を、何を言うかと思えば
チョロミーが?ガラピコを作る?
クカカカカwガラピコバカウケ~!w煙出そうww

証明しようともう1度背中のボタンを押すチョロミーですが、ボタンはもう作動しませんでした
かくして、背中のボタン騒動もひと段落、ガラピコは再び宇宙船の修理に戻ります

生まれた星に帰らなくてはなりませんからね
ガラピコ、あのさぁ・・・

ガラピコの生まれた星って・・・きっと、ここ
しずく星、ここがガラピコのお家の星なんだよ

トホホ・・・また夢の話ですかぁ?
しかし・・・もしここが私の生まれた星だとしたら・・・

イイネ!

これからもずっと一緒だからね、ず~っと友だち!

ムームーが2人を呼びに来て、3人は手を繋いで春祭りの準備へと向かいます
明日はいよいよ春祭りです

ガラピコぷ~の物語としては事実上の最終回
未来の自分が友だちロボットを過去の自分に贈る、なんというド〇えもんw

結局ガラピコは星には帰らないんだろうな~とは思っていたけど、例えば宇宙船が直って涙のお別れをして出発するけど、失敗してまたしずく星に落ちてきて「ピッ、また修理するのに何年かかることやら・・・」とか言って結局またしばらく一緒、とかいうのを想像していましたが、そもそも生まれた星はここだったという見事なハッピーエンドでした

 

2022年3月30日

♪ しずく星バンドの歌
♪ ともタッチの歌

しずく星バンドの歌では、キュリオさん・スキッパーさん・ビービルさん・タッチパッチさん・プッチマーゴさん、全員を紹介

みんなが集まって、光輝く星の木さま

ともタッチの歌では歌に合わせて全員でタッチのリレーをします
モコピット、ワルピットたちも

バイバ~イ!まったね~!

 

幼稚園のプロフィールに「好きなキャラクター:ガラピコ」と書いたことがあるほど、息子たちが大好きだったガラピコぷ~も、既に離れた息子たちの知らないところで遂に終了
「ガラピコぷ~最終回だったよ」と告げると「へ~次は?」とドライなお言葉w

新しく始まるファンターネも録画を一応見せてみましたが、「ふ~ん」とやはり薄い反応
「どう?」と聞くと「別に」、と答えるお兄ちゃん
まあ、夢中でブンバ・ボーンを踊っていたお兄ちゃんも4月から5年生、当然の反応ですし、やはり至高は、リアルタイムで育った作品ですよね

とは言え、スオも今までは「にこにこぷん」が至高の作品だと思っていました
子育てを始めて再び「おかあさんといっしょ」に触れて、改めて「ガラピコぷ~」も至高の作品リスト入り

いつか息子たちが結婚(出来たらw)して、子どもが産まれて、再び「おかあさんといっしょ」に巡り会うときまで、しばしのお別れです

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください