いすのまちのコッシー『ああ こわれいす』

Pocket

今は使われなくなったものがしまわれている、
いすのまちの物置

コッシーとチョコンが探検ごっこをしてガラクタを漁っていると、
脚の無いイスに声をかけられました

 

不審がって帰ろうとするコッシーとチョコンを引き留めたイスは、
自分を直してほしいと頼んできました

オレは『チョビ』、古くなって壊れて忘れ去られて30年、
誰か直してくれるさと、ずっと信じて待っていた・・・
オレは悲しき「あ~あ~んあ~壊れイス~

ガラクタの中からイスの脚になりそうなものを探すコッシーとチョコン、
だがなかなかいい脚が見当たりません
しまいには「こんなイスあるかーい!」とキレられてしまいます

チョビは、自分は昔は高級レストランのイスだったと語りました

自慢の料理はな・・・「あ~あ~んあ~オムライス~

ふと、チョビは自分がマイク代わりに持っていたコタツの脚に気づき、
そのコタツの脚を付けて直してもらったチョビは30年ぶりに出た外に感動するのでした

あ~あ~直りイス~

コッシーとチョコンも一緒になって歌います
ボクらも、嬉しいッス~

太陽が・・・眩しいッス~

 

2018年2月19日の再放送(小鬼ちゃん)

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください